慢性疲労症候群(chronic fatigue syndrome: CFS)とは健康だった人が突然原因不明の激しい全身倦怠感におそわれる病気です。
強度の疲労感とともに、微熱・頭痛・筋肉痛・脱力感・思考力の障害などが長期にわたって続くため、健全な社会生活が送れなくなります。
また以下のような困難に直面しています。

一般的な検査では異常がみつからず、発見や治療が遅れて重症化することがあります。

患者の約3割は寝たきりかそれに近い状態で介助が必要です。

こどもの場合は学校に行けなくなることもあり、学習面などでのサポートが必要です。

専門医がほとんどおらず、治療方法も確立していない難病です。

指定難病に認定されておらず、生きるために必要な社会的支援を受けることができずに困っている患者がいます。

病気の深刻さを理解されずに苦しんでいる患者がいます。

国内の推定患者数は16~36万人と言われています。平均発症年齢は32歳で、働き盛り・子育て世代における発症が多く、また未成年での発症も20%近くいます。社会を支える若い世代が就学・就労の機会を失い、社会保障の網目からもこぼれ落ちている、これが慢性疲労症候群の患者が置かれている状況です。この実態は早急にひろく認識され、適切な対応へとつないでいかなければなりません。

近年では2015年10月にアメリカのNIH(米国国立衛生研究所)が「慢性疲労症候群の研究推進の強化に向けて動き出す」と発表しました。また続いて2016年2月にはCDC(米国疾病予防センター)において症例検討会が行われ、この疾患が神経や免疫に異常を有することや、特に感染後CFSにおいて免疫介在性脳機能障害であるとの仮説に基づき具体的なバイオマーカーや治療薬の研究を行う旨が発表されました。

日本においても2016年度は5件の研究がAMED(国立研究開発法人日本医療研究開発機構)の研究課題に採択されるなど、進展のきざしは見えつつあります。しかし研究はまだこれから行われる部分が多いため、診断・治療にきちんと結びつけるためには、患者が発信しなければならない状況が続いています。


診断基準
厚生労働省 慢性疲労症候群 研究班
患者実態調査結果
厚生労働省 調査事業
主な研究
日本医療研究開発機構(AMED)等